茶系色で合わせたリビング&ダイニング。
吹き抜けがあって開放感もあり、窓を多く取り自然光が優しい。

敷地面積 170.09㎡(51.45坪)
延床面積 1F:54.65㎡(16.53坪)
     2F:44.71㎡(13.52坪)
     合計/99.36㎡(30.05坪)

今年の5月に結婚式を挙げた20代前半のW様ご夫婦。挙式に先駆けて購入された城山台の新居を訪ね、住まいづくりのエピソードをお聞きしました。 「実は私、以前まで日本中央住販で働いていたんです。だから、どれだけこだわって住まいづくりをしているのかは知っているつもりでした。でも、新居を探すに当たって他社のモデルハウスもいろいろと見たんですけど、あらためて貴社の『住まいの品質の良さ』に気づいて」と奥様。デザインはもちろん、見えないところにもこだわった住宅性能がお気に入りだと話されます。

レンガ調の外壁がポイントの外観。

  • 3台は停められるゆとりの駐車スペース。

    「僕がいいなと思ったのは、アクアフォームによる優れた断熱性です。 モデルハウスを初めて見に来たのは真夏だったんですが、ドアを開けて中に入るとヒンヤリとして心地よかったんです。あと、車が趣味なので、3台分の駐車スペースを確保できるという敷地条件も大きな決め手になりました」とご主人。駐車場と反対側の真庭には、タイヤや工具がぎっしりと詰まったコンテナボックスを設置し、休日になると車いじりを楽しまれているそうです。

洗面室には玄関ホール側にもつながる2WAY動線が採用

「家事をするとき、ほんとにラクなんですよ。さらに、洗面室には玄関ホール側にもつながる2WAY動線が採用されていて、出かける前に身だしなみをチェックするのにとっても便利。ほんとによく考えられているなと感心しています」。
一方、ご主人は「僕はトイレのデザインが気に入ったんです」と話されます。「窓から明るい光が届くし、収納ラックもあって機能的なんですよね。」

ご主人は趣味の車の収納スペース、奥様は使いやすいキッチンスペースとそれぞれの好みを活かしました。

工具を選ぶご主人

キッチンでの奥様

W様ご夫妻と担当の石川

日本中央住販の家づくりコンテンツ

最新のイベント情報を
SNSでもチェックしよう!