新モデルハウス続々建築中。3月入居可能物件もご案内中!
ARCHIVE

な暮らす

住宅は進化する

現代社会において、住宅は年々進化しています。家族の構成や暮らし方の変化による間取りの変遷はもちろんのこと、構造の安定や省エネ対策、遮音性、防犯性などの性能もどんどん良くなっています。日本中央住販の家は「家族のコミュニケーションを大切にした間取り」と「高気密・高断熱の健康に配慮した住宅性能」をコンセプ […]

今の家ってこんなに高性能

30年ほど前の家と比べても、今の家が随分進化していることがお分かりになっていただけたでしょうか。安心して快適に暮らせる家にするなら、間取りやデザイン、外観などにプラスして住宅の性能についてもしっかり考えることが大切なんですね。さらに…断熱性・気密性に優れ、省エネ仕様の今どき住宅は、健康で快適な家であ […]

今の家ってこんなに高耐久

家の構造には柱・梁を軸として家の構造を構成した「木造軸組工法」、家を囲む天井・壁・床を面で建物を支える「2×4( ツーバイフォー)工法」、軽量鉄骨を使う「プレハブ工法」と呼ばれるものなどがあります。 地震に強いとされるプランは、家全体の平面が正方形に近く、耐力壁がバランスよく入っていること。極端に細 […]

今の家ってこんなに高断熱高気密

断熱に関わる省エネルギー基準ができたのは1980年代のこと。その後1999年に今の基準が定められました。住まいの断熱性は、外気に触れる床、壁、天井(屋根)に断熱材を隙間なく入れること、窓・玄関ドアなどの開口部を断熱仕様にすることで確保されます。断熱をすることで、冬場は冷たい空気の影響を受けにくく、夏 […]

今の家ってこんなに省エネ

家が高断熱・高気密になるにつれ、シックハウス対策が必要とされるようになりました。建築基準法により設置が義務付けられ、2003年以降に建てられた日本の新築の住宅には必ず24時間換気システムが設置されています。その結果、カビ・ダニの発生の原因となる結露を抑えるメリットも生まれました。さらには、日本中央住 […]