憧れはズボラ掃除でOKの家

冬本番になって気温が下がってくると発生する結露。窓ガラスはもちろん窓枠まで水が滴ってびしょびしょ……。濡れるだけだと思って放置すると、窓まわりの木材やサッシが傷んだり、カビ・ダニ・シミなどの原因になったり。家の寿命が短くなるほか、アレルギーなど家族の健康にも影響を及ぼすことも。基本的な対処方法は結露が発生したらしっかりと拭くこと。さらに、なるべく結露を発生させないような対策が必要です。

結露は部屋の中に多くの水蒸気があり、室内と室外に温度差があると起こる現象です。暖房器具により暖められた空気が外気で冷やされた壁や窓ガラスにぶつかり、空気中の水蒸気が冷たい水滴になり窓ガラスや壁面に付着します。氷を入れたグラスの表面に水滴がつきますが、これも同じ原理。グラスの内と外に温度差があるため、空気中の水蒸気が水滴になってコップの表面に現れるのです。

冷えたビールをグラスに注ぐと表面に水滴がつく

窓ガラスに文字が書ける

結露を防止するには次のような工夫が有効です。

水蒸気の発生を
抑える

水蒸気がたくさんあると結露の発生に繋がります。

・料理をしているときは換気扇を回す。
・過度な加湿器の使用を控える
・植物や加湿器の使用を控える
・植物や水槽を少なめにする
・解放型の暖房器具(灯油ストーブやガスファン
ヒーター)は、大量の水蒸気を放出する
ため使用を控える
・除湿剤や除湿機などを使用する

温度差を
少なくする

冷暖房の温度設定に注意し、
室内と屋外、隣接する部屋間などの
温度差を少なくしましょう。

家具、電化製品などの暖房が行き渡る
よう壁面より5~10cm程度離して設置する

通風・換気を
よくする

室内の水蒸気が少なければ
結露の発生を抑えられます。
そのため、小まめに換気して室内の
水蒸気を外に逃がすことが大切です。

・寝る前に窓を開けて換気する
・サーキュレータなどで窓に風を当てる

100%結露しない家はありませんが、断熱性の高いサッシやガラスを使うことで、窓の結露リスクを抑えることができます。同時に、24時間換気も有効。自動的に余分な水蒸気をなくしていくことで家の中の湿度を調整します。近年の高気密・高断熱の家は、24時間換気が義務付けられ、結露も起こりにくくなっています。

「結露が起こりにくい家とは?」

窓の断熱性が
高い家

家の中の温度に
差が少ない
高気密・高断熱の家

湿気を追い出す
24時間換気の家

樹脂サッシ(フレーム)

樹脂サッシの窓は、断熱・遮熱・気密性に優れています。アルミサッシの窓に比べて熱の伝わり方が1/1000以上。寒い日も窓枠が低温になりにくく、結露を防ぎます。もちろん夏も快適。健康と快適と環境のため、日本中央住販では、樹脂サッシを標準採用しています。

Low-Eガラス

複層ガラスに挟まれた中空層の外側を薄い金属膜でコーティング。単板ガラスよりも部屋の内外に気温差ができにくいので結露対策に。同時に遮熱・断熱効果で節電・省エネにつながります。

内部結露

結露は窓だけで起こるのではありません。実は、目に見えない外壁の内部などでも起こっています。内部結露が起きると内部の見えないところに水分が溜まり、木材を腐食させ、家の老朽化につながります。日本中央住販では、この内部結露を起こさないために「外壁通気工法」を採用。構造体の壁と外壁材の間に、空気が通る隙間を設けて、下側の換気口から外気を取り入れて上側の軒裏などから排出させます。

前のページに戻る