アクセス
近鉄生駒線「菜畑」駅 徒歩6分
分譲地内敷地面積
39.32坪~40.91坪
分譲区画数
第一期:4区画

県内屈指の人気エリア生駒市に誕生

緑も多く、スーパーやお店も近くにあるので、生活するにはとても便利な場所に「ハートフルビレッジ生駒・菜畑Ⅱ」が誕生しました。
また「子育て支援」も充実している生駒市では、のびのびと子育てが出来る地域です。最寄りの「菜畑」駅までは徒歩6分。近隣には、国際色豊かなお店もあり、自分好みのお店を見つけるのも楽しみな街です。

地域の特性

往馬(いこま)大社(一分駅)

正しくは、往馬座伊古麻都比古(いこまにいますいこまつひこ)神社といい、生駒神社とも呼ばれています。生駒山をご神体とした古社です。
広さ3ヘクタールにおよぶ鎮守の森は、奈良県の天然記念物として指定されているほか、伝統行事の火祭りは県の無形民俗文化財として指定されています。古くは伊古麻都比古・伊古麻都比売(いこまつひめ)の二座でした。しかし、後の世で八幡信仰が盛んになり、付近に勧請された八幡神を合祀することによって、現在のような七柱を祀るようになったとされています。
毎年秋の例大祭(火祭り)では、火松明を肩に担げて高座の前の階段を一気に駆けおりるなどの行事が行われます。

竜田川

近鉄菜畑駅付近から南生駒駅付近まで2駅分(約2キロ)続く竜田川沿いの桜並木がある絶好の散歩コース。川沿いが遊歩道(一部車も通りますが、、)になっていて、ところどころ護岸が階段状になった所もあり桜のシーズンはお花見客が大勢楽しんでいます。近くには往馬(いこま)大社や宝山寺といった有名な神社仏閣もあります。また、さらに川を下っていくと在原業平など百人一首にも歌われている古代からの紅葉の名所「竜田公園」があります。

周辺情報

奈良県生駒市ってどんな街?

奈良県の北西部に位置し、大阪府と京都府に接する生駒市(いこまし)。
市の西部には生駒山を主峰とする生駒山地と京丘陵が、東部には矢田丘陵が広がり、自然豊かで落ち着いた住環境のなかで生活できます。
2018年4月1日現在の総人口数は120,336人。約5万世帯が暮らしています。子育て世帯も多く、教育環境や市の子育てサポート体制にも定評があります。この人気の生駒市の南部エリアに誕生するのが「ハートフルビレッジ生駒・菜畑Ⅱ」です。