ツーバイフォーの頑強な躯体構造と、建物をすっぽりと包み込む硬質ウレタンフォームの断熱性、ふたつの "まもる" で安心と快適が永く続く住まい。それが日本中央住販の「マモリア」工法です。

四季による気候の移り変わりがあり、そしてほぼ毎日どこかで地震がおこっているという日本で住まいを構えること、その意義を真摯に考えて私たちが辿り着いた答え。地震や火事に強い躯体構造を誇る "ツーバイフォー工法" が大切なご家族をしっかりと守り、一年中心地よい室内環境をつくる断熱システム "硬質ウレタンフォーム" でいつまでも快適に暮らせるように。日本中央住販が掲げる「健康家族宣言」を具現化させたオリジナル工法、それが「マモリア」です

耐震性

6面体で支える強固なモノコック構造で、大切なご家族と住まいを守ります。

  • 地震の揺れを面全体で受け止めます。
    ツーバイフォー住宅は、2インチ×4インチサイズの構造用製材を基本とした枠組みに構造用合板を張り付けた「パネル」で床・壁・屋根を構成して建物を支える6面体構造。6面体が出来上がると、家全体が強いモノコック構造(一体構造)となります。モノコック構造はスペースシャトルや新幹線にも採用されているほどきわめて強固な構造。地震や台風などの力を建物全体で受け止め、荷重を一点に集中させることなく全体に分散してしまうので、外力に対して抜群の強さを発揮します。
  • きめ細かいマニュアルによる均一な品質・性能
    ツーバイフォー工法は、構造材やくぎ・金物のサイズ・使用方法・使用箇所から施工の手順まできめ細かく規定され、枠組壁工法住宅工事仕様書(監督:住宅金融支援機構)などでマニュアル化されているため、施工者の技量に左右されることなく、どの住宅にも均一な品質と性能を実現します。
  • ■従来軸組工法の住宅
    加えた力が柱や接合部などに集中。
    部分的に負担がかかりやすい構造です。

    ■ツーバイフォー住宅
    枠組みされた木部分と構造用合板が「面」となって揺れの力を受け止め、分散・吸収します。

  • 3階建て実大建物の耐震性実験
    日本中央住販が所属する「一般社団法人 日本ツーバイフォー建築協会」では平成18年4月、阪神・淡路大震災時に神戸海洋気象台で記録された地震派を、データに基づいて三次元的(横<X・Y>方向と縦<Z>方向の揺れ)に再現する実験を行ないました。神戸海洋気象台で記録された地動加速度(※1)である818gal(※2)(阪神・淡路大震災における最大地動加速度)で加振したこの実験で、3階建てのツーバイフォー住宅はほとんど損傷もなく、優れた耐震性能を証明しました。また協会で策定した家具の転倒防止策の効果も検証できました。さらに続けて、大きな余震を想定して、新潟県中越地震の際、川口町で観測された地震波(2.036gal)を実験建物に加振しましたが、倒壊等には至らず、高い安全性が確認されました。

※1…地動加速度は、地震の大きさの指標となるもので、地震による地表面での加速度を指す。単位はgal(ガル)で表示
※2…gal(ガル)は、加速度の単位。1gal=1cm/sec

耐火性

木の家は「火に強い」という真実。

木は日に弱い、とお考えではありませんか?確かに木材は燃えやすい性質を持っています。しかし、ある程度の太さや厚さがある(つまり断面が大きい)木材は、いったん燃えても表面に炭化層をつくるだけ。火は内部まで進行しないため、強度が低下しにくいという性質ももっています。700~950℃にまで達するといわれる現実の火災においても、実大火災実験の結果などから、これは事実として確認されています。

  • 比較実験でも、木は鉄より火に強かった
    一般的に火に強いと考えられている鉄は、550℃を超えると急速に柔らかくなって変形し、その強度が大幅に低下します。住宅の場合、骨組みが崩れおちてしまうことにもなりかねません。
  • 強さの秘訣は「ファイヤーストップ構造」
    ツーバイフォーの住宅の場合、火の通り道となる床や壁の内側において、枠組材などがファイヤーストップ材となって空気の流れを遮断し、上階へ火が燃え広がるのを食い止めます。また床根太、枠組材などが一定間隔で組まれている床や壁の内部構造は、防火区画がいくつもつくられているのと同じ状態です。この一つひとつの区画によって火の進行はさらに遅くなります。火災時に防火被覆(石こうボード)が万一突破されても、このように2重3重の防火機能をもつ「ファイヤーストップ構造」によって、ツーバイフォー住宅は初期消火の可能性が高く、火災時の被害を最小限に抑えられます。
  • 石膏ボードで更に耐火性アップ
    ツーバイフォーでは、全ての天井や壁の内側全体に、厚さ12.5mm以上の石こうボードが貼られます。石こうボードの中には約21%の結晶水が含まれていて、炎があたると熱分解を起こして約20分もの間、水蒸気を放出するという優れた特性を発揮します。このため火災が発生しても、天井裏や壁の内部の温度が上昇しにくく、構造材が発火点(約450℃)に達するまでの時間を大きく遅らせることができます。

耐風性

ツーバイフォー住宅には、台風に備えたアイデアがあります。

ツーバイフォー住宅の屋根は強風に対して、優れた強度を備えています。耐風以上に強烈なハリケーンが襲う北米で生まれただけに、強風に備える独自のアイデアが採用されているのです。その一つが「ハリケーンタイ」と呼ばれる、あおり止め金具です。この金物の一個当たりの許容耐力は実に2,303N。ハリケーンタイは屋根のたるきと外壁をがっちりと連結し、強風にあおられても屋根が吹き飛ばされないようにします。最近では、ツーバイフォー住宅だけでなく、軸組工法住宅にもこのハリケーンタイが使われるようになっています。

耐久性

構造用製材には乾燥材を使用し、徹底した湿気対策を。

ツーバイフォー住宅では、ほとんどの構造用製材に含水率19%以下の日本農林規格に基づく乾燥材を使用。さらに、さまざまな方法によって万全の湿気対策を行ないます。湿気や結露への徹底した対策によって、ツーバイフォー住宅は耐久性を確保。永く暮らせる丈夫な住まいを実現します。

  • 耐久性の高いくぎ・金物を使用
    ツーバイフォー工法では、接合部に専用のくぎや接合金物を使用。くぎはサイズ別にカラーリングが施されています。これは一度打ち込んでしまうと確認の難しいくぎを、くぎ頭の色により確実にチェックできるように考えられたものです。最近では、メッキ処理されたくぎが規格に加えられ、建物の耐久性向上につながってきています。接合金物は接合部に発生する応力を有効に伝達するために、品質および性能が明らかになっているものを使います。
  • 湿気を構造躯体に入れない工夫の数々
    結露は室内外の温度差や、温度の急激な変化などによって起こります。とくに壁の内部や小屋裏で発生しやすい結露は、木材の腐朽の原因となるだけでなく、カビの繁殖など、住まいにさまざまな悪影響を及ぼします。ツーバイフォー住宅は壁内に断熱材が充填されているため、室外と室内の温度差が緩やかに緩和され、結露が発生しにくい構造となっています。また、小屋裏には軒裏換気、棟換気等を設けるなどして有効な換気方法を採用しています。また、断熱材の外側(外壁仕上げの内側)に通気層を設け、万一の漏水時の排水のためにも役立っており、耐久性を高めることとなっています。

耐熱性

ツーバイフォーの高気密性と硬質ウレタンフォームの断熱性が脳梗塞や心筋梗塞予防に。

急激な温度変化により血圧や脈拍が変化することで、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす事がある「ヒートショック現象」。部屋ごとの温度差が原因となることから、室内で温度変化の起こりにくい高気密・高断熱のツーバイフォー住宅なら「ヒートショック現象」を予防できる可能性があると考えられます。

家をまるごと包み込む断熱材「硬質ウレタンフォーム」。

無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームをすき間なく充填するため、住まいの大敵とされる壁体内結露を抑制。高い気密・断熱性を持つため省エネルギー効果が高く、建物の冷暖房に要する光熱費を削減します。また、自己接着力により木材の経年変化にも対応しやすく、長期にわたってその効果を発揮します。

屋根断熱

屋根は太陽熱の影響を大きく受ける場所。直接屋根に断熱材を吹付けることで、夏の暑さの原因の放射熱を効果的に緩和することが出来ます。

壁断熱

すき間のない家で、一年温度変化が少なく快適な室温を保ちます。また、外部の騒音や内側からの生活音の漏れを抑制します。

床断熱

ユニットバスと洗面所以外の床には、確かな断熱性能と撥水効果を発揮する床用グラスウール(密度32K)を使用しています。

自由性

ツーバイフォー住宅の大空間

ツーバイフォー住宅は、設計面でも優れた特性をもっています。面構造で、しかも強固なモノコック構造なので、設計の自由度が極めて高いことです。たとえば柱のないスッキリした設計で、広々とした大空間のある建物をつくることもできます。

  • リフォームにまつわる、ツーバイフォー住宅の「誤解」
    これまでツーバイフォー住宅は「耐力壁などの制限によってリフォームがしにくい」という大きな誤解を受けてきました。日本でツーバイフォーが建築工法として広く認可されるようになったのが1974年のことで、そのためリフォームの実例が少ないこと、「ルールを知らないからできない」の「ルールを知らないから」という部分がいつの間にか省かれてしまい、「できない」という言葉だけが独り歩きしてしまったことが誤解を生む原因であったと考えられます。

快適性

ツーバイフォー住宅が持つ遮音性能

家がやすらぎの場であるためには、遮音性も重要なポイントになります。車や飛行機、工事に伴う騒音、住戸外から聞こえてくる耳障りな音などがあっては、とても快適に暮らす事は出来ません。ツーバイフォー住宅は、音の伝搬係数が鉄などより低い木造であるうえに、すき間の無い構造によって音を大幅に抑える効果を持っています。また壁自体が外壁材や断熱材、構造用面材など様々な素材によって形成される多重構造のため、室外の音を大幅にカットすることが出来ます。

来場予約

日本中央住販の家づくりコンテンツ

最新のイベント情報を
SNSでもチェックしよう!