安全性を最優先した街づくり

下の図は「ハートフルビレッジ」分譲地の区画図です。通り抜けできないようになっていることが、おわかりいただけるかと思います。

不動産的価値から言えば、両側に幹線道路があった場合、どちらにも通り抜けできるようにした方が、土地の値段は高くなります。しかし、日本中央住販では、あえてそれをしていません。土地を高く売ることよりも、住宅地の中の安全性を優先しているからです。

袋小路(クルドサック)にしておけば、もし住宅地に見慣れない車が入ってきた場合、かなり目立ちます。住民の目にさらされるその車は、万一良からぬことをたくらんでいたとしても、行動に移しにくくなります。通り抜けにしないことで、防犯上の効果を上げることができるのです。

また、ふだんは住民の車しか入ってこないため、子供たちが道で遊んでいても安心です。

家も街も、人が住むことで美しくなるもの

まっすぐな道よりも少し曲がった道。
アスファルトよりも石畳。
道の辻には、みんなが集まれるシンボルツリー。

私たちは、楽しいなと思うことは、ためらわずに取り入れることにしています。その結果、街が素敵になれば、そこに住む住人さんも喜んで、家をもっと素敵に飾ろうとしてくださいます。そうするとさらに街が美しくなるという、いい意味の相乗効果が生まれてくるのです。

また、自然にコミュニケーションが生まれる環境づくりも心がけています。井戸端会議のできる広場やシンボルツリーなど、一見ムダに見える空間が、じつは人と人を結びつけるのにとても大切なのだと思います。

人が住むことによって、より輝きを増した家や街を見ることは、私達にとっていちばん嬉しいこと。愛情を持って住み続けていただける家づくり・街づくりのために、私達は全力を尽くします。

日本中央住販の家づくりコンテンツ

最新のイベント情報を
SNSでもチェックしよう!