平川信一

 「家」というのはお客さまにとって一生に一度の大きな買い物です。
ですから、日本中央住販では単なるモノとして「家をつくって売る」ことはしません。
不動産会社とも工務店とも違う目線をもって、良い土地を探して街をつくるところから、個々の家づくり、ご入居後のアフターサポートまでを「住むだけでしあわせになる家」という一貫したコンセプトのもとで行います。「住むだけでしあわせになる家」を実現する為には、それぞれのセクションを担う社員一人ひとりの心がけが必要不可欠です。些細なことかもしれませんが、社内が一貫してお客様に向いている、この姿勢こそが日本中央住販の強みであり、誇りであると思います。

 その姿勢は徹底した「お客様目線」として各種の取り組みにも反映されています。
例えば、本社にはお客様との打ち合わせスペースと共に、保育士が常駐するキッズスペースを設け、小さなお子様連れの方も落ち着いて、家づくりのご相談・お打合せをして頂ける体制を整えました。
また、主軸となる大型分譲地「ハートフルビレッジ」シリーズでは、大規模開発の利点を生かし、通風採光に配慮した区割りや、通り抜け出来ないクルドサック、統一感のある街並みの形成など、どの街も住まわれるご家族が心地よく安心して暮らせるよう考え抜かれた街区設計を施しております。
プランニングにおいても、ご家族のコミュニケーションを育む助けとなれば、という想いから、各居室に行く前に必ずリビングを通る動線を作る「リビング階段」と、1階と2階の繋がりを感じられる「吹抜け」のある間取りをほぼ全ての住戸に取り入れております。

 また、近年は関西でも南海トラフ等の大きな地震の危険が叫ばれており、お住まいの耐震性に不安を抱いておられる方も多いと思います。当社では住友ゴム工業さんの住宅用制震ダンパー「MIRAIE」を標準採用しており、その他にも耐震性のある2×4工法を取り入たオリジナルの「MAMORIA工法」など、地震や災害への耐性がある家づくりを行うことで、皆様のご不安を少しでも解消して頂き、いざという時には大切なご家族を守れるよう努めております。

当社は創業以来2500棟以上の分譲実績を誇り、6年連続奈良県不動産ランキングで1位を頂いております。(2018年7月現在)。その実績に驕ることなく、創業時より変わらないお客様の幸せを願う心と、時代に合わせて変わり続ける柔軟さを持ち、住むだけでしあわせになる家を追求してまいります。
 また弊社でご契約頂いた皆様へ更なるサービスの充実を図るためにも、日本中央住販をより大きく、次のステージへと羽ばたかせる一旦を担えるよう、私も初心を忘れず尽力致す所存でございます。

末筆ながら、今後ともご愛顧を賜ります様、心よりお願い申し上げます。

株式会社 日本中央住販
取締役統括部長 平川信一

最新のイベント情報を
SNSでもチェックしよう!