みなさまこんにちは。日本中央住販、契約管理課の多田です。

今日は火災保険についてお話ししようと思います。

火災保険は、火事で保険対象である家屋などが燃えて損害を受けてしまった時に保険金が支払われますが、火災保険で補償される事故は火事だけではありません。

例えば...

・雷が落ちて電化製品が壊れてしまった場合などの「落雷」による損害

・台風で瓦が飛んでしまった場合などの「風災」による損害

・豪雪による雪の重み、落下事故の場合などの「雪災」による損害

・豪雨による洪水で床上浸水した場合などの「水害」による損害

・給排水設備に生じた事故により、床が水浸しになった場合などの「水漏れ」による損害

・窓を割られて空き巣に入られた場合などの「盗難」による損害(限度額あり)

遡って請求できる場合もありますので、ご加入されている火災保険の契約内容をよく確認しておくことをお勧めします。

最新のイベント情報を
SNSでもチェックしよう!