皆さまこんにちは、企画開発部の橘です。いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は、皆さまもきっと関心が高いであろう「消費税」についてお伝えしたいと思います。

2014年4月1日に消費税が5%から8%に引き上げられたことは、まだ記憶に新しいところです。

景気への影響を考えて引き延ばしになっていた消費税率10%の引き上げが、ご存知の方も多いように2019年10月1日より実施予定になっています。

消費税の増税が住宅購入にもたらす影響については、8%へ増税が行われる際もかなり話題になりましたね。

"わずか2%"とはいえ、高額な住宅購入において大きな金額の差が生まれてしまいます。

お家は多くの方にとって、人生で最も大きなお買い物です。その為、特にお家の購入を検討されている方にとっては気になるところだと思います。

増税までにマイホームを購入したいなぁ~と考えられている方もいらっしゃるかもしれません。

「10月1日の増税までに!」「消費税率が8%のうちに!」とお考えの方で、注文住宅を検討される場合は2019年3月31日までの請負契約がおすすめです。

なぜなら、3月31日までにご契約頂きましたお客様に限ってはお引渡しの期日に関わらず、消費税率8%でのご購入が可能だからです!

また、4月1日以降にご契約頂いたお客様でも9月30日までにお引渡し可能な物件は同じく消費税率8%でのご購入が可能です。

そのため10月1日の増税までにお家は欲しいけど、期間に余裕のない方やお引渡しまでの期間を短縮したい方には完成物件も選択肢の一つとして考えてみられることもいいかもしれません。

日本中央住販では様々なエリアに即入居が可能な完成物件もたくさんございますので気になる物件がございましたらお気軽にご連絡ください。

完成物件一覧を見る▶

「なるべくお得にマイホームを手に入れたいけど、増税に振り回されたくない!」という方もご安心ください。

2019年10月1日以降のご購入の場合でも増税による負担を軽減するために様々な税制が予定されています。

簡単にではありますが、いくつかの制度をご紹介します。

-----------------紹介する制度----------------

① 住宅ローン減税 ②すまい給付金 ③住宅エコポイント

=====

① 住宅ローン減税とは

住宅ローンを利用した人を対象に所得税の一部が控除される制度です。住宅ローン控除期間が現在の10年間から13年間への延長が検討されています。長期優良住宅の場合、最大で500万円の所得税が控除される可能性があります。

② すまい給付金とは

所得税が控除される住宅ローン減税に対し、すまい給付金は住宅ローン減税の効果が十分に及ばない収入層に対して、住宅ローン減税と合わせて負担の軽減を図る制度で収入によって給付額が変わる仕組みです。最大で50万円が給付されます。

③ 住宅エコポイントとは

2020年3月31日までのご契約、2019年10月以降にお引渡しの物件を対象に様々な商品券と交換可能なポイントを最大35万ポイント相当付与する制度です。

---------------------------------------------------

ご紹介した3つ以外にも多くの措置が検討されている今、どのタイミングでの購入がいいのか迷われている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

住宅の購入時期は、消費税率のことを考え「損得」で選ぶことも1つの指標ですが、やはりそれぞれのご家庭の事情や入居時期等のご希望を踏まえた上で決めることが一番大切だと思います。

日本中央住販にはファイナンシャルプランナーや、元銀行マンなど、賢いお金の使い方をアドバイスしてくれるプロが在籍しています。

「税制について、もっと詳しく教えてほしい」「私たちに合ったタイミングはいつ?」など、お金に関するアレコレの疑問や不安は、日本中央住販にぜひ一度ご相談下さいませ!

最新のイベント情報を
SNSでもチェックしよう!