こんにちは!学園前本店アドバイザーの中村です。

今回は子育て生活を応援する機能を持ったハートフルビレッジ西登美ケ丘のモデルハウスをご紹介致します。

住宅購入を検討される理由で、お子様の成長がきっかけになるお客様が沢山いらっしゃいます。

そんな子育て真っ最中のご家族の方々にとって、一日の時間の中で「子どものしつけ」「家事の時間」「自由な時間」の三つのバランスはいかがでしょうか?

例えば、子どもから自主的に手洗いうがい、整理整頓、着替え、片付けをしてくれると「子どものしつけ」の時間は格段に軽減され、家族で過ごせる自由な時間が増える環境が出来上がります。

このように、子どもの自分自身でできることを支援する住宅の機能が、ハートフルビレッジ西登美ケ丘のモデルハウスにございます。

今回はお子様が学校から帰ってきたと想定してそれぞれの機能をご紹介致します。

1.靴をしまう

こちらは、モデルハウスの玄関収納の写真です。

IMG_0057.jpg

IMG_0048.jpg

学校から帰ってきたお子様はまず広々とした玄関に大きく収納のスペースがあるのでここで靴を脱ぎます。

脱いだ靴をそのままにせずにきっちり揃えてなおすことができます。

2.手洗いうがい

脱いだ靴をしまったら、お次は手洗いうがいです。

家に帰ってから洗面所までの距離が長いと、手洗いうがいを忘れてしまったり他の用事を優先してしまったりするかもしれません。

IMG_0033.jpg

ですがこちらでは、他の部屋を通らずに洗面所へ向かえる動線になっております。

家に帰ったらまず手洗いうがいをする、という習慣を自然と身に付けることができます。

3.ランドセルをしまう

手洗いうがいを終えると、普通は2階の子ども部屋へ荷物を置きに行くことが多いかと思います。

ですが、こちらではそのまま1階のLDKへ向かいます。
それはこのように家族が集う場所のLDKの近くに収納のスペースがあるからです。

IMG2_0032.jpg

ランドセルや制服などをしっかりしまえる工夫が沢山あり、親子でコミュニケーションを取りながら整理整頓の習慣を手助けします。

4.連絡帳を出す

また先程の収納の側面には、その日の宿題や連絡帳を出しておくアイテムがあります。

IMG_0031.jpg

これにより、その日にしなければならないことを忘れずに実行するように促せます。

一般的な間取りでは帰宅してからの効率が悪いく、ルールを決めても継続しにくいのが現状です。

ですが、ハートフルビレッジ西登美ケ丘のモデルハウスには短い距離で効率が良い導線計画があります。

正しい習慣を身に着けられるハートフルビレッジ西登美ケ丘のモデルハウスを、お子様の将来をイメージしながらご覧になってみませんか?

 

事前にご予約いただけますと、土日・平日関わらず、いつでもモデルハウス見学可能です!

気になる!という方は、まずは一度モデルハウスへお越しくださいませ。

▶見学予約はこちらをクリック

最新のイベント情報を
SNSでもチェックしよう!